読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80年続く連続ドラマを一緒に見ないか?

野球は人生そのもの。そういうシーンに出くわすと涙もろくなる年頃のプロ野球観戦記。タイトルは中日ファンの作家である奥田英朗さんの名言を一部お借りしています。

2007年2月4日 2007年の球春到来

野球全般

キャンプが始まり、球春到来。
この時期は、試合の日程表を見ながら遠征の大枠を考える季節だ。
さて、今年はどこに行こうかな……、あれ?食指が動かない。 

2005年は故郷に球団が出来たのを喜びつつ、近鉄の残像を追っていた。
2006年は幼い頃から大ファンの松本匡史氏が楽天のヘッドコーチとして再びユニホームを着たことに狂喜した一年だった。
2007年は…、どこの球団も応援する理由がない。。

近鉄オリックスの合併が発表された、あの悪夢の日から3年、ついに応援する球団を見失ってしまった。

そもそも応援するのに理由なんていらないはずだ。
応援しなくなるのに理由はあるとしても。

それでも、ナイター照明を浴びてキラキラ光る宮城野球場(現フルスタ)を見て、「あそこは楽しいことをやっている夢の国に違いない」と激しく憧れた幼い自分は心の中に健在で、今年も夢のカケラを拾いに行くのだろう。