読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80年続く連続ドラマを一緒に見ないか?

野球は人生そのもの。そういうシーンに出くわすと涙もろくなる年頃のプロ野球観戦記。タイトルは中日ファンの作家である奥田英朗さんの名言を一部お借りしています。

2008年9月20日 13球場制覇!@広島市民球場

今シーズン限りで取り壊しが決まっている広島市民球場にて中日戦観戦。
プロ野球12球団の本拠地のうち、広島だけまだ来たことがなかったので、これでようやく13球場全制覇!
感慨深い…。

f:id:kotorinodiary:20080920133300j:plain 

f:id:kotorinodiary:20080920134600j:plain

広島市民球場はとてもいい球場だった。

スクワット応援もとてもいい。
スクワット応援とは、観客が自主的にAチームとBチームに分かれて、交互に立ち上がり選手名を叫ぶ、という、直射日光に照らされながら行うには相当体力を消耗しそうな広島独自の応援のこと。

梵選手を例にとると・・・
A:(立ち上がり)そーよーぎ!(しゃがむ)
B:(立ち上がり)そーよーぎ!(しゃがむ)
A:(立ち上がり)そーよーぎ!(しゃがむ)
B:(立ち上がり)そーよーぎ!(しゃがむ)
A:(立ち上がり)そよぎぃーっ!!(しゃがむ)
B:(立ち上がり)そよぎぃーっ!!(しゃがむ)
と、こんな感じ。
最後の「そよぎぃーっ!!」という叫びがひたむきで素敵だ。

カープファンも温かかった。
二階席の暑さにやられて、影になる一階席後方通路で見ていたら、見やすい場所に通してくれた一団がいた。
そこに酔っ払った一人の阪神ファン(中日戦だが市民球場の見納めに来ていた)が乱入してきたのだが、カープファン達もその自由な盛り上がりにうまく巻き込まれ、一緒に盛り上がっていた。
特別な何か(球場がなくなるとか、優勝しそうだとか)を目当てに人がたくさん集まることを「にわかファン」などと呼んで嫌がる人も多いのに、カープファンは「遠くからいろんな人が見に来てくれて嬉しいな」と言うかのように笑顔だった。
そして阪神ファン近鉄ファンも一緒になっていい試合を見られて嬉しいな、というように笑っていた。

盛り上がりすぎて訳が分からないまま知らない人とハイタッチしたり、もらった風船飛ばしたり、こうやって居合わせた人達と大笑いしながら野球を見たのは、近鉄を失ってから初めてかも…
広島、最高!!

試合は、広島10ー0中日とカープの大勝。
そしてプロ2年目の前田健太が初完封!
黒田が渡米し、佐々岡が引退して寂しくなるかと思ったカープ投手陣だけど、マエケンのような元気な若手が出てきたおかげで、寂しいどころか楽しい一年だったと思う。

またこの暖かい雰囲気の中で野球を見たい。
楽しい時間をプレゼントしてくれたカープファンの皆様、
来年、新球場で会いましょう!

f:id:kotorinodiary:20080920172500j:plain

f:id:kotorinodiary:20080920173200j:plain