読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

80年続く連続ドラマを一緒に見ないか?

野球は人生そのもの。そういうシーンに出くわすと涙もろくなる年頃のプロ野球観戦記。タイトルは中日ファンの作家である奥田英朗さんの名言を一部お借りしています。

2009年07月20日 抑え、田中将大

今日の楽天ソフトバンク戦。
9回表が終了した時点で4-3で楽天は勝っていたけれど、流れは完全にソフトバンクだった。
8回裏2アウトから出てきた福盛も悪くはなかったけれど、ホークスのサヨナラ勝ちが予感されるほど、勝てる気がしなかった。

ところが。
てっきり福盛が出てくると思っていた9回表のマウンドに上がったのは、マー君こと田中将大

!?!?
いったい何が起きているか分からなかった。
自分の目を疑った。
長年野球を見ているけれど、ここまで唖然とすることは、なかなかない。

そして、球場の空気ががらっと変わったのを感じた。
一本のヒット、一つのエラーで流れが変わるのは何度も見ているけれど、出てくるだけで空気が変わる選手はそういるわけではない。
なのに、弱冠20歳、プロ3年目のマー君が、マウンドに立っただけで空気を変えてしまった。

マー君は迫力満点の気合の投球で、三者三振。
さっきまで当たりが出ていたソフトバンク打線が、面白いように空振りをする。
あの悪い予感が嘘のように、あっさり9回裏のソフトバンクの攻撃が終わり、楽天勝利!

まさかマー君が、ここまですごいピッチャーに成長しているなんて!
優勝がかかっているわけでもなんでもない、ごく普通の試合なのに、めちゃくちゃ興奮させられた。
球宴前の特別登板なのだろうが、彼の今後の可能性を十二分に確信!

すごいもの見れて、幸せだ。